セシリアの一日

リズムのある生活は
子どもたちに安心感を与えます

部屋の自由あそび

朝、子どもたちは守られた空間の中で、布や人形、木のねっこを磨いた積み木、
木の実などで遊びを自らの意志と想像力で展開していきます。
触るもの、見るもの、耳にするもの、
口に入れるものなどなるべく命に近い天然素材でありたいと願っています。
CD・カセットやビデオを保育に持ち込むことはありません。

火曜日は水彩のぬらし絵

火曜日は水彩のぬらし絵を自由遊びと並行して行います。
鈴と歌によって、手洗い、片付けが始まり、遊んで混ざったおもちゃを、先生と一緒に元通りに分けて片付けます。
それが終わると椅子を丸く並べ、お祈りの時間へと移ります。
子どもは自分のまわりで起こることが、みなよいことだと思っています。
大人のようすを自分のなかに深く受け入れ、真似遊びとして再現します。

朝の歌とお祈り

心を落ち着けて、お日さまや雨にあいさつします。
いい香りのするオイルをもらって、手遊び、歌、朝のお祈りのことばがくり返されます。
祈りがあっても特定の宗教ではありません。自然の恵みや、全ての物への感謝の気持ちを込めて唱えることばです。

ライゲン 季節にそった歌やことばに合せて、身体を動かします。先生の動きを子どもがそれぞれのやり方で模倣します。同じ遊びが1ヶ月続きます。

外の自由遊び

今まで内へ向いていた子どもたちの魂は、今度は息を吐くように外へ飛び出していきます。
砂遊び、泥んこあそび、大縄跳び、ブランコ、木登り等をします。おうちごっこ、さら粉作り、料理を作って、ケーキを焼きます。お店屋さんごっこ、おうちごっこ、セシリアごっこ、学校ごっこもします。 火曜日と金曜日は手力神社や野土島公園、田んぼ道、身近な自然に触れるよう散歩に行きます。

お昼ご飯

お弁当をいただきます。
お弁当の蓋を開けると、そこにはおうちの空気が感じられます。お母さんからの「がんばれ!」の励ましに、にっこり笑う年少さんです。

午後の外遊び

自由遊び 部屋の中、砂場や、ろく小屋など、思い思いの場所で遊びます。

素ばなし

降舎前は先生の語りによる昔話を聞きます。素ばなしは、絵本や紙芝居のように絵の力を借りることなく、語りの言葉で聞いた話を、頭の中で組み立ててゆくので、子どもの聞く力をつけます。 毎日お話を聞くと、子どもたちのイメージがふくらみ、やがてそれが 遊びのなかに生かされるようになります。

帰りのあいさつ

帰りのあいさつ 歌によってさようならをします。 その後、ひとりひとりの子どもが先生とさようならの だっこをして帰ります。 こうして1日のリズム、 1週間のリズムがくり返されていくことで、子どもは次に起こることに安心し自信を持って受け入れられるようになります。