教育方針

セシリアはシュタイナー教育を実践しています。

シュタイナー教育とは


シュタイナー教育とは、思想家であり哲学者でもあるオーストリア出身のルドルフ・シュタイナーの人間観に基づいた教育実践の総称です。
シュタイナー教育では、幼児期は頭をつかって知的な面を育てるのではなく、からだに生命力がしっかり宿ることを目的としています。

セシリアが大切にしている5つのこと


子どもは大人をまねることで学びます。

子どもは自分のまわりで起こることが、みなよいことだと思っています。
大人の様子を自分のなかに深く受け入れ、真似遊びとして再現します。

暮らしのリズムが、子どもに安心感を与えます。

毎日の暮らしが、規則正しく淡々と繰り返されると、子どもは次に起こることを安心して、自信を持って受け入れられるようになります。

子どもの感覚は細やかにはたらき
心地よさが子どもを強くします。

子どもは全身を感覚器のようにして生きています。
成長力に必要な親切を受けたとき、子どもは強くなります。

セシリアは子どもたちの生活の場です。

子どもたちは生活の中で体験を通して多くのことを学びます。 縦割りクラスの中で、 小さい子どもは大きい子どもから遊びを学び、 大きい子どもは小さい子どもの 面倒を見ながら、 お互いの関わり方や、人間関係の基を学んでいきます。

子どもは模倣を通して成長していきます。

大人が一生懸命働いている姿、物の扱い方、 話し方まで、子どもの周囲で起きていること 全てを善きものとして、 内に取り込み、それを模倣をしながら成長していきます。 ことばによって理解するのではなく、大人の行為から方向付けをし、 子どもの意思を育てます。 私たちの今日の生活では、細やかな手仕事を省いても便利に暮らせます。 どんな過程を経て目の前に来たのか分からないものに囲まれています。 手仕事を次々と心を込めて行うようすを身近に経験することで、 心豊かに成長します。

シュタイナー教育がよくわかる1冊



学陽書房
「七歳までは夢の中--親だからできる幼児期のシュタイナー教育」
著:松井 るり子

一年間アメリカのシュタイナー幼稚園に籍を置き、素晴らしい保育者に会い家族で心がゆさぶられる様な体験をした著者が、シュタイナー教育の本質を伝える。親だからできる事、簡単な事から始めてみよう

◎この本の著者 松井るり子は当幼稚舎代表 北村明倫子の姉です。